八重桜 2021 子どもと一緒にお花見散歩

もこもこの八重桜を見に、子どもたちと清水入緑地へ。
ちょうど満開で、もっこもこ!

昨年はもっと下の方、息子の手の届くところ位までもこもこでしたが、今年は剪定したのかちょっとすっきりしていました。それでもこの場所は八重桜をゆっくり眺めるのにぴったりな広場で、南大沢で好きな場所の一つです。
広場の隣の藤棚の藤はもうだいぶ蕾が膨らんできていたので、もうちょっとしたら咲くかな~と楽しみにしています。

昨年の写真。息子が隠れる位下の方までもっこもこでした。

テントウムシ

息子、ちょうど羽化したばかりのテントウムシを発見。
最初に見つけた時は脱皮殻の上にいましたが、しばらくするとちょっと移動。息子の手にも乗ってきました。

雑木林を散歩して戻ってくると、羽を乾かしていて模様も薄っすら浮かび上がってきていました。
「ダーウィンが来た!」でテントウムシの特集を見たばかりだったので、息子と「ゾンビにならないでね~」と言ってテントムシとお別れしました。

別日にも八重桜散歩


ここは濃いピンクと薄いピンクの八重桜が隣同士で見られるので、毎年楽しみにしている道。
今年ももこもこに咲いてくれていて、本当にキレイで嬉しいです。

濃いピンクもいいけど薄いピンクいいな~と、毎年同じことを思いますが、娘は薄い方が好きとのことで写真をたくさん撮っていました。

八重桜の花びらがヒラヒラと花びらが舞い落ちるのも好きなので、もうしばらく八重桜に楽しませてもらえそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

目次
閉じる