カナヘビ カナヘビ飼育(レイアウト編)ケージに入れて良かったもの

プラケースからの延長でそのまま昆虫用登り木を使っていましたが、カナベビたちも大きくなって高さが必要になってきたので、流木(以前アクアリウムで使っていたもの)を入れて、レイアウトを変更しました。
おとなもベビも含め、カナヘビたちが気に入っている(と思われる)ケージの中のものを紹介したいと思います。

流木

なんといっても流木。ケージに入れた途端のぼり始めました。カナヘビは立体活動が好きというのは聞いていてその姿をよく見てはいたのですが、流木にのぼる姿をみると、本当にその通り~と実感します。
1匹は昼間はこの流木の上をウロウロしていることがほとんどです。

フェイクグリーン

もう1匹はだいたいここにいる、ダイソーで購入したフェイクグリーン。
夜はここに隠れて寝たり、脱皮の手伝いにもなっていたりと活躍しています。
(幹の根本の土台の上の細かい粒がなんとなく心配だったので、生体に無害なバスコートを塗ってあります。)

スキンダプサス

バスキングスポットでない側には、ポトスとスキンダプサスを入れてあります。特にスキンダプサスの蔓が活躍中で、よく上ったり下りたりと遊んで(?)います。
ポトスの仲間の植物はとにかく丈夫で維持もしやすくてオススメ!水差しで簡単に増やせるので、ケージ内のものが枯れた時も、すぐに交換できます。今のところカエルの水槽もカナヘビの水槽も、枯れずに維持できています~丈夫って素晴らしい☆

キノコとカクタスボーン、水苔

キノコはバスキングスポットに置いてありますが石よりも人気があって、よくこの上で温まっています。平らなキノコは活躍していますが、奥の丸いタイプのキノコは上っているところを見ることもなく完全にオブジェです。。
隠れ家にしようと、以前はセリアで購入した土管を置いていましたが、全く入る気配がなかったので代わりにカクタスボーンを。こちらは土管と違って穴がいくつも空いているからか、穴を潜っている姿をよく見かけます。

最後に水苔、こちらは乾燥対策で置いてあります。詳しい方に乾燥対策を聞いたところおしえたもらった方法で、湿らせて丸めてポンっと何箇所か置いておくと湿度維持に役立ちます。
我が家のカナヘビは丸めた水苔によく乗ったり潜ったりするので、置き場所によっては水苔が床材の上に散らばってしまうのが困りどころですが…湿度維持には変えられません。
→その後、お茶パックでこの問題は解決しました!

あわせて読みたい
カナヘビ カナヘビ飼育(レイアウト編2)夏に向けて植物を追加 毎日あまりにも暑いので、カナヘビゲージを少しでも涼しく…ということで、ヒーティングトップとウェットシェルターを片付けて、空いたスペースに植物を追加することに。...
あわせて読みたい
カナヘビ カナヘビ飼育(ケージ編)パンテオンを一ヶ月半使用してみての感想 かなベビたちの新しいケージはパンテオン6035に。カエルケージで使い勝手が良かったので、かなベビケージもジェックスエキゾテラ グラステラリウム6045(幅61.5×奥行46....
あわせて読みたい
カナヘビ カナヘビ飼育(乾燥対策編)水苔とお茶パック、霧吹きで乾燥の季節を乗り切る! 乾燥している日々が続いています。レイアウト編でも書きましたが、我が家のカナヘビケージには乾燥対策に丸めた水苔をポンポンと入れています。乾燥対策としてはいいの...
あわせて読みたい
カナヘビ カナヘビ飼育(昼寝編)寝姿もかわいい&フェイクグリーン大活躍中 よく日光浴をしながら気持ちよさそうに目を閉じているカナヘビたち。お腹が空いている時にはケージに近づいただけで「餌なの?」といった様子でこちらに寄ってくるカナ...

キノコ、ネットでも売っていました!!2個くっついているものの方が段差があって我が家のカナヘビには人気です。

カクタスボーンもネット購入できるみたいですが、こちらは園芸店で見つけて買う方がかなり安いかと。(一応載せます)

ケージはこちら。奥行きがスリムなタイプをお探しな方がいらしたらオススメです。

ご訪問くださいましてありがとうございます。バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
目次