カナヘビ カナヘビ飼育(乾燥対策編)水苔とお茶パック、霧吹きで乾燥の季節を乗り切る!

乾燥している日々が続いています。レイアウト編でも書きましたが、我が家のカナヘビケージには乾燥対策に丸めた水苔をポンポンと入れています。乾燥対策としてはいいのですが、かなへびたちが水苔に乗ったり潜ったりするので、乾燥した水苔が床材の上に散らばってしまい、メンテナンスがちょっと大変でした。

お茶パックに入れてみた

そこで、家に余っていたお茶パック(昔々靴の消臭対策に重曹袋を作った時に使ったもの、とっておいて良かった!)に水苔を入れてみたところ、メンテナンスがものすごく簡単になりました!
かなへびが乗ってもバラバラにならないので床材の上に散らばらないし、毎朝ピンセットでヒョイッと掴んで回収してたっぷり湿らせて、またポンッとおけばいいだけ!

ただけっこうな存在感があるので、見た目はアレですが…。でもカナヘビたちは水苔パックに上ったり下りたりと楽しそう(に見える)に活動しているので、乾燥の季節はこのレイアウトで乗り切りたいと思います。

加湿ポット

100均の加湿ポット(容量30mlの小さい方)も試しに置いてみましたが、正直場所をとる割に効果は感じられず。。
スドーのウェットシェルターがあるので、こちらはいらなかったかなと思っていますが、乾燥対策として一応ケージに入れたままにしてあります。
カナヘビがここから水を飲む姿を目撃したので、この中の水もカルキ抜きしたものにしてあります。

スプレー

水苔パックと一緒に乾燥対策としてしているのが、霧吹き。
以前は100均のを使用していましたが、霧が細かい方がいいというのを何かで読んで、元々観葉植物用に購入しようと思っていたフルプラのダイヤスプレーロングピストルと、カインズのマイクロミストスプレーを購入しました。

フルプラのスプレーはロングノズルなので、水苔が乾いた時にはノズルを直接くっつけてブシューと水分補給もできるし、ケージの奥の植物にも直接届きます。更にカナヘビが扉から脱走の機会をうかがっているとき(ぐいぐい来る)などは、扉をちょこっとだけ開けてそこからノズルだけをケージに入れて霧吹きができたりと大活躍中です。

カインズの方が霧が細かいので、ケージ全体の湿度を上げたい時にはこちらをプシュープシューとしています。霧が広範囲にひろがりやすいので使いやすいです。
有名なジクラのゼータスプレーにしようかと思っていましたが、カインズなら店舗で購入でき価格も安く済むのでカインズのものにしました。園芸コーナーにあります。

まだまだ乾燥の日々は続きますが、今季はこの水苔パックと霧吹き2台で乗り切りたいと思います!

おまけ

カナヘビケージをメンテナンスしていると、隣の水槽からカナヘビケージを覗き込んでくるアマガエルがかわいい♡
そしてこの写真を見て、カエル水槽のガラスも掃除しなきゃと思ったのでした。

汚れた壁面で失礼します

フルプラのスプレーは、アマガエルのテラリウム水槽でも、植物の根本や奥の壁面に直接スプレーできるので大活躍しています。オススメです!

カインズが行ける距離になければ、こちらを購入していたと思います。

お茶パックも水苔も、Amazonにありました~。

ご訪問くださいましてありがとうございます。バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村
目次
閉じる