世界遺産・日光銘菓「日光ラスク」一口ラスクのパッケージがとにかく素敵!! 日昇堂

茨城はもちろん栃木にも帰省できずにいる中、届いたのは世界遺産・日光銘菓「日光ラスク」。
外箱の包装紙が華やかでかわいい~!
箱からそおっと剥がしました。世界遺産日光の社寺のそれぞれの絵がかわいく描かれているだけでなく、説明も書かれているので、予想通り娘が気に入って「日光行きたい」と言いながら包装紙を自分の箱(お気に入り入れ)にしまっていました。

包装紙を外したあとの箱にも絵柄が!こんなところまでかわいいです。

日光ラスクは、日光の老舗和菓子店「日昇堂」が開発した一口ラスク。発売開始は2012年とのこと、そんなに前からあったとは知らなかった~。
箱を開けると、個包装のパッケージも華やかでかわいい!

個包装もそれぞれかわいいです。食べ終わった後、こちらも娘がお気に入り入れ箱に全部しまっていました。

中身は

ついパッケージの写真ばかりになってしまいましたが、ラスクの形状は一口サイズ。
シュガー、メープル、抹茶、黒糖、ビターチョコ、苺チョコの6種類。いわゆるラスクが入っていると思って開けたので、一口サイズでびっくりしました。
眠り猫は抹茶味。

男体山はビターチョコ、陽明門はシュガー。別日に苺チョコ(並び地蔵)、黒糖(日光の紅葉)、メープル(三猿)を食べました。

チョコと苺チョコはしっとり、その他はサクサクの食感。抹茶味は思ったよりも全体的にほんのりでしたが、黒糖とメープルはしっかり味。香りもしっかりで美味しくいただきました。

6種類食べ比べて、娘のランキングは1位→ビターチョコ、2位→抹茶、3位→黒糖。息子は1位ビターチョコとのこと。我が家ではビターチョコが人気でした。

食べやすく分かりやすく日持ちもするので、お土産にも喜ばれそうです。心配なく日光に行ける日が早くきますように☆

にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。

目次
閉じる