カナヘビ カナヘビ飼育(写真編)静止画でもかわいいショット

毎日かわいいカナヘビたち。一番好きなのは、ケージの前に行くとこちらに寄ってきて「餌くれるのかしら?」といった様子でうろうろしている姿(おなかが空いているとき限定)ですが、あまりに寄ってくるのでブレてしまって写真が撮れず。。
その他にもカナヘビは動きが本当にかわいいですが、今回は写真に撮れた静止画バージョンでのかわいい姿をいくつか載せたいと思います。

真正面の顔

真正面の顔がかわいい♡
野生のカナヘビとはほぼないであろう、真正面からの見つめ合いを楽しんでいます。

脱皮

脱皮の様子がすごい!
大きな脱皮した後の皮が床材の上に落ちているのを見つけると、キレイにとれた大物~と思って嬉しくなります。

お腹ぺったんこ

日光浴中の体の広げ方がすごい!
飼育する前まで、こんなにも平たくなることを知りませんでした。

仲良し

カナヘビはなわばり意識がほとんどないとのことで、同じケージでも仲良く過ごしてくれています。
食事の時だけは、毎回すごいことになっていますが…。

その他にも

メッシュ壁にくっついて素早く移動するところ、カクタスボーンからひょこっとでてくるところ。
流木の先についてしまったレオパを食べようとがんばるところ。
ケージ用の穴から脱走を試みているところ(…困る)などなど。
ほんの一部ですが、静止画でもかわいさがあふれています。

春のちょっと前、本当に短い期間だけ我が家のケージの中には日光が差し込みます。
バスキングライトも紫外線ライトもありますが、やっぱり本物の光でのひなたぼっこは見た目も気持ちよさそうだなあと思って眺めています。

今のケージで使用しているバスキングライトはこちら。
小さい&温度勾配がつけやすいので気に入っています。高さが低めの水槽を使う方にはオススメだと思います。

紫外線ライトはこちら。マイクロサンと同じく小さくて使いやすいです。使用し始めてから脱皮もキレイにできていてみんな元気なので、こちらにして良かったと思っています。

ご訪問くださいましてありがとうございます。バナーをクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
目次
閉じる